2008年12月31日水曜日

VMware Server に Windows Server 2008 評価版をインストールしてみる

Windows Server 2008 を初めてインストールしてみたが、インストールは非常に簡単でした。
今後、Windows Server 2008 を仕事で使うことも増えてくるでしょうから、今のうちに慣れておきたいです。

KB948472: Windows Server 2008 の評価期間を延長する方法 を参考に、60日の評価期間を、3回リセットして、最大 240日の評価期間にできます。

具体的には、コマンド プロンプトで、slmgr.vbs -dli を実行し、猶予期間を調べます。猶予期間が切れそうになったら、slmgr.vbs -rearm を実行し、猶予期間をリセットし、再起動します。

2 件のコメント:

さんのコメント...

WindowsServer2008の勉強はVMwareでも出来るのですね。
VMwareWindows_Server_2008_R2_RC_JA_(Itanium).isoはVMware Serverでは使えないのですか?
それとも他の評価版でないとだめなのでしょうか。
 いくらやってもoperating system not foundと出てしまいます。
宜しければお教えください。

non sugar (無糖) さんのコメント...

Itanium と x64 は、どちらも 64-bit CPU ですが、別のものです。


64-bit なら x64 や amd64 と書かれているバージョンをダウンロードしてください。

32-bit なら x86 です。