2015年1月8日木曜日

SNMP 64ビットのカウンタ

SNMP を使用したトラフィック量測定方法

インタフェースが受信した累積のバイト数 (インバウンド オクテット) を ifInOctets で取得できる。
インタフェースが送信した累積のバイト数 (アウトバウンド オクテット) を ifOutOctets で取得できる。

1. インバウンド オクテット (ifInOctets) または アウトバウンド オクテット (ifOutOctets) を一定の時間間隔 (例: 5分間隔) で取得する。

2. 測定値の差を時間で割る

例:
最初のインバウンド オクテットを ifInOctets1
5分後のインバウンド オクテットを ifInOctets2
とする

( ifInOctets2 - ifInOctets1 ) [バイト] ÷ 5[分]


単位を bps にするには、

( ifInOctets2 - ifInOctets1 ) × 8 ÷ 300 [bps]


32ビットカウンタについて

ifInOctets と ifOutOctets は、32ビットのカウンタなので、0 ~ (2の32乗-1) の整数が表現できる。
累積値が (2の32乗-1) を超えたら、0に一旦戻りカウントアップを続ける。


先ほど示したトラフィック量の計算式 ( ifInOctets2 - ifInOctets1 ) [バイト] ÷ 5[分]
が負になった場合、32ビットのカウンタが最大値を超えたと考えて計算することになる。

つまり、

(2の32乗 + ifInOctets2 - ifInOctets1 ) [バイト] ÷ 5[分]

と計算する。
計測間隔の間に2回以上32ビットのカウンタが最大値を超えると、正しく計算できない。
ここで、正しい値を求めるための計測間隔を求めてみる。

100Mbpsのインタフェースの場合、

2の32乗 [バイト] ÷ 100 [Mbps]
= { 2の(2 + 10 + 10 + 10)乗 × 8 } [ビット] ÷ { 100 × 10の6乗 } [ビット/秒]
= { 2の2乗 × 2の10乗 × 2の10乗 × 2の10乗 × 8 } [ビット] ÷ { 100 × 10の6乗 } [ビット/秒]

※ 概算で2の10乗 = 1024 ≒ 10の3乗 を使う。

≒ { 32 × 10の9乗 } [ビット] ÷ { 10の8乗 } [ビット/秒]
= 320 [秒]
≒ 5.3 [分]

よって、100Mbpsのインタフェースなら 5分間隔で取得すれば理論上計算できる。

1Gbpsのインタフェースの場合、間隔は10分の1になるので、30秒間隔で取得すれば理論上計算できる。

2の32乗 [バイト] ÷ 1 [Gbps]
≒ 32 [秒]

1Gbpsのインタフェースで、64ビットカウンタの ifHCInOctets や ifHCOutOctets が使える場合、こちらを使用すれば、取得間隔を延ばすことができます。
ただし、SNMPv2C または SNMPv3 を使用する必要があります。SNMPv1 では 64 ビットのカウンタがサポートされていません。

因みに、Zabbix 2.2 で Template SNMP Device のローレベルディスカバリを使って登録した場合、32ビットカウンタを使用し、1分間隔の計測となるので、1Gbps のインタフェースの計測を正しく行うには不十分である。


 参考

2014年4月16日水曜日

Ubuntu 14.04 に Zabbix をインストール

ノートパソコンに Zabbix をインストールしてみました。
USB ブートしないノートだったので、PXE ブートにてインストールしてみました。 まず、PXE サーバ用の Ubuntu を用意します。

 $ sudo apt-get install tftpd-hpa isc-dhcp-server wget
 $ cd ~
 $ wget http://archive.ubuntu.com/ubuntu/dists/trusty/main/installer-i386/current/images/netboot/netboot.tar.gz
 $ cd /var/lib/tftpboot/
 $ sudo tar xvzf ~ubuntu/netboot.tar.gz
 $ cd ~

 $ sudo vi /etc/dhcp/dhcpd.conf
 subnet 192.168.64.0 netmask 255.255.255.0 {
   range dynamic-bootp 192.168.64.60 192.168.64.69;
   option domain-name-servers 8.8.8.8;
   option routers 192.168.64.1;
   filename "/pxelinux.0";
 }
 __END__

 $ sudo /etc/init.d/tftpd-hpa start
 $ sudo /etc/init.d/isc-dhcp-server start

ノートパソコンを PXE ブートで起動するとインストーラが立ち上がります。
 [ソフトウェアの選択] では、[OpenSSH server] と [Lubuntu Desktop] を選択しました。

インストール後、ログインします。

[Ctrl]+[Alt}+[T] で仮想端末を起動し、パッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install screen wireshark 

$ sudo chmod u+s /usr/bin/dumpcap ## wireshark でキャプチャできるようにする




(途中...)

2014年2月25日火曜日

Zabbix アプライアンス

VMware ESXi や VirtualBox で簡単に Zabbix をセットアップできます。
公式サイトから、「Open virtualizationフォーマット(.ovf)」をダウンロードします。
ESXi なら、[ファイル]-[OVF テンプレートのデプロイ...] を使用します。

セットアップ方法は、公式サイトのマニュアルを参照

* ログイン (root/zabbix)

* パスワード変更
# passwd (root ユーザのパスワード変更)
# passwd zabbix (zabbix ユーザのパスワード変更)

* 基本設定 (YaST)
# yast
** ホスト名/DNS の設定
[Network Devices]-[Network Settings]-[Hostname/DNS]-[Add]
** アドレスの設定 (eth0)
[Network Devices]-[Network Settings]-[Overview]-[Edit] (eth0)
** アドレスの設定 (VLAN を使う場合)
[Network Devices]-[Network Settings]-[Overview]-[Add]
Device Type: VLAN
Configuration Name: 63 (VLANID=63 の場合)
** Default Gateway の設定
[Network Devices]-[Network Settings]-[Routing]
** NTP の設定
[Network Services]-[NTP Configuration]

* time zone の設定
# cp /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

* Firewall の設定
# SuSEfirewall2 open EXT TCP zabbix-trapper
# SuSEfirewall2 on

* swap の設定
# dd if=/dev/zero of=/swap bs=1M count=1024
# cat <<'EOM' >>/etc/fstab
/swap   swap              swap    defaults        0 0
EOM
# mkswap /swap
# swapon -a

* パッケージの更新
# zypper update

* ZABBIX の基本設定
** [http:///] にアクセス
** Admin/zabbix でログイン
** [Profile]-[User][Language]: Japanese (ja_JP)
** [Profile]-[パスワード]-[パスワード変更]: (Admin のパスワード)

* PHP の設定

# sudo sed -i.orig 's|^date\.timezone.*|date.timezone = Asia/Tokyo|' /etc/php5/apache2/php.ini
# service apache2 restart

* グラフ用のフォントの設定
# zypper install ipa-ex-gothic-fonts
# ln -s /usr/share/fonts/truetype/ipaexg.ttf /usr/share/zabbix/fonts/
# sed -i.orig 's/DejaVuSans/ipaexg/' /usr/share/zabbix/include/defines.inc.php

* SNMP Device の追加
** snmpwalk コマンドでアクセスできることを確認
# snmpwalk -v 2c -c public 192.168.x.x sysName

** [設定]-[ホスト]-[ホストの作成]
*** [ホスト] タブ
- ホスト名: (任意)
- 所属グループ: (任意) 例: Network devices
- エージェントのインタフェース: (削除)
- SNMPインタフェース: (追加)
*** [テンプレート] タブ
- テンプレートとのリンク: Template SNMP Device
*** [マクロ] タブ
{$SNMP_COMMUNITY}: (コミュニティ名)

* IPMI チェック
IPMI とは、HP iLO、DELL DRAC などで使用できる「アウトバンド管理」のために標準化されたインタフェースです。

参考: https://www.zabbix.com/documentation/2.2/manual/config/items/itemtypes/ipmi
参考: http://d.hatena.ne.jp/ike-dai/20110418/1303129511
参考: http://blog.livedoor.jp/qryuu/archives/52019625.html
参考: http://thinkit.co.jp/cert/article/0710/5/4/3.htm

** Zabbix サーバの設定ファイル変更
# sed -i.orig '/^# StartIPMIPollers/ a StartIPMIPollers=3' /etc/zabbix_server.conf
# service zabbix_server restart

** impitool を使い必要なパラメータを調査
# ipmitool -I lanplus -H IP_ADDR -U USERNAME -P PASSWORD sensor
// 1列目の値を Zabbix アイテムの [IPMIセンサー] に登録します。

** Zabbix の設定を実施 (GUI)
(例) HP iLO 3 の場合
*** 設定 > ホスト > [ホストの作成]
- [ホスト] タブ > IPMIインターフェース > [追加]: [IPアドレス] を指定
- [IPMI] タブ
-- 認証アルゴリズム: RMCP+
-- 特権レベル: Admin
-- ユーザ名: USERNAME
-- パスワード: PASSWORD
*** 設定 > ホスト > アイテム > [アイテムの作成]
- 名前: (任意) Temp 1
- キー: (ホスト毎にユニークな値) ipmi.Temp.1
- タイプ: IPMIエージェント
- IPMIセンサー: (ipmitool で調べた値) Temp 1
- 単位: (任意) degrees C

* 確認
** [監視データ]-[最新データ]
** [監視データ]-[グラフ]

* Agent の自動登録 (Windows)
[設定]-[アクション]-[アクションの作成] (イベントソース: 自動登録)
[アクション]タブ
名前: (任意) Windows Agent 自動登録
[アクションの実行条件]タブ
ホストメタデータ 含まれる Windows
[アクションの実行内容]
ホストグループに追加: Windows servers
テンプレートとリンク: Template OS Windows

* Agent の自動登録 (Linux)
[設定]-[アクション]-[アクションの作成] (イベントソース: 自動登録)
[アクション]タブ
名前: (任意) Linux Agent 自動登録
[アクションの実行条件]タブ
ホストメタデータ 含まれる Linux
[アクションの実行内容]
ホストグループに追加: Linux servers
テンプレートとリンク: Template OS Linux


[Zabbix Windows Agent]
Windows (All)    エージェント    2.2.1
zabbix_agents_2.2.1.win.zip

[register_zabbix_agent.cmd]
set win=win64
if %PROCESSOR_ARCHITECTURE% == x86 set win=win32
"C:\zabbix\bin\%win%\zabbix_agentd.exe" -i -c "C:\zabbix\conf\zabbix_agentd.win.conf"
netsh advfirewall firewall add rule ^
  name="Zabbix Agent" dir=in action=allow ^
  program="C:\zabbix\bin\%win%\zabbix_agentd.exe"
net start "Zabbix Agent"
pause

[C:\zabbix\conf\zabbix_agentd.win.conf] (変更箇所)
LogFile=c:\zabbix\zabbix_agentd.log
Server=192.168.63.161
ServerActive=192.168.63.161
#Hostname=Windows host
HostMetadataItem=system.uname

2014年1月20日月曜日

お気に入りのフリーソフト

お気に入りのフリーソフトです。

  • テキストエディタ「gPad」
    http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/writing/se478089.html
    [shell:sendto] にショートカットを入れると便利。
  • 圧縮・展開「7-Zip」
    http://sevenzip.sourceforge.jp/download.html
  • 画面キャプチャ「PIGY Clipboard Capture」
    http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se167903.html
  •  仮想化ソフトウェア「VirtualBox」
    https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads
    Download: VirtualBox 4.3.6 for Windows hosts (x86/amd64)
    Download: VirtualBox 4.3.6 Oracle VM VirtualBox Extension Pack (All supported platforms)

2013年12月21日土曜日

Zabbix を使ってみる

今更ながら、Zabbix を試してみました。

Zabbix Server

Ubuntu 12.04 LTS の LXC コンテナを作って試しています。

(例)
- インタフェース br63 で外界と接続
- ホスト名: zabbix, addr: 192.168.0.90/24, gw: 192.168.0.254, dns: 192.168.0.254

@母艦$ sudo lxc-create -n zabbix -t ubuntu -- -r precise -S ~/.ssh/id_rsa.pub
@母艦$ sudo sed -i.orig -e 's/^\(lxc.network.link =\).*/\1 br63/' /var/lib/lxc/zabbix/config
@母艦$ sudo sed -i.orig -e 's/^iface eth0 inet dhcp/#&/' /var/lib/lxc/zabbix/rootfs/etc/network/interfaces
@母艦$ cat <<'END' | sudo tee -a /var/lib/lxc/zabbix/rootfs/etc/network/interfaces
iface eth0 inet static
  address 192.168.0.90
  netmask 255.255.255.0
  gateway 192.168.0.254
  dns-nameservers 192.168.0.254
END

@母艦$ sudo lxc-start -n zabbix


[参考] https://www.zabbix.com/documentation/2.2/manual/installation/install_from_packages

$ sudo apt-get install wget
$ wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_2.2-1+precise_all.deb
$ sudo dpkg -i zabbix-release_2.2-1+precise_all.deb
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php


※ zabbix-frontend-php のインストールに失敗してしまいました。
   LXC 環境だからかもしれません。詳しく調査してませんが、気にせずそのまま進みます。

## PHP の設定
$ sudo sed -i.orig 's|# php_value date.timezone.*|php_value date.timezone Asia/Tokyo|' /etc/zabbix/apache.conf
## グラフ用のフォントの設定
$ sudo apt-get install fonts-ipafont-gothic
$ sudo ln -s /usr/share/fonts/opentype/ipafont-gothic/ipag.ttf /usr/share/zabbix/fonts/
$ sudo sed -i.orig 's/graphfont/ipag/' /usr/share/zabbix/include/defines.inc.php
## Apache 再起動
$ sudo service apache2 restart

ブラウザで [http://zabbix/zabbix/] にアクセス

DB の設定では、User: zabbix, Password: (インストール時に設定した zabbix ユーザのパスワード) を入力

/usr/share/zabbix/conf/zabbix.conf.php の書き込み権限が無くて失敗するので、

$ sudo touch /usr/share/zabbix/conf/zabbix.conf.php
$ sudo chgrp www-data /usr/share/zabbix/conf/zabbix.conf.php
$ sudo chmod 666 /usr/share/zabbix/conf/zabbix.conf.php

[Retry] で OK になったら、

$ sudo chmod 640 /usr/share/zabbix/conf/zabbix.conf.php

ログインする (username/password: Admin/zabbix)

- [Profile] > [Language]: Japanese (ja_JP) に変更

Zabbix Agent (ubuntu)

$ sudo apt-get install zabbix-agent

設定ファイル: /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf

## ログを Syslog へ吐く場合は、コメントアウト
$ sudo sed -i.orig -e 's/^LogFile=.*/#&/' /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
## Zabbix Server のアドレスを指定 (Zabix Server上で Agent を動かす場合 127.0.0.1 のままで良い)
$ sudo sed -i -e 's/^Server=.*/Server=192.168.0.90/' /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
## アクティブチェックを使う場合は、Zabbix Server のアドレスを指定 (Zabix Server上で Agent を動かす場合 127.0.0.1 のままで良い)
$ sudo sed -i -e 's/^ServerActive=.*/ServerActive=192.168.0.90/' /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
## ホスト名 (指定しない場合は、HostnameItem の値になる。)
$ sudo sed -i -e 's/^Hostname=.*/#&/' /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
## サービスを再起動
$ sudo service zabbix-agent restart
## ログで、[Hostname] が確認できる。Zabbix Server の登録するホスト名はこれと同じにする。
$ sudo less /var/log/syslog



Zabbix Agent (Windows)

  1. http://www.zabbix.com/jp/download.php から、[Windows (All)    エージェント] をダウンロードします。
  2. [zabbix_agents_2.2.0.win.zip] を展開します。例として、[C:\zabbix] に展開します。Zabbix Server を 192.168.0.90 とします。
  3. [C:\zabbix\zabbix_agentd.win.conf] を編集します。 (以下の行を修正)
    LogFile=c:\zabbix\zabbix_agentd.log
    Server=192.168.0.90
    ServerActive=192.168.0.90
    #Hostname=Windows host
  4. サービスとして登録します。コマンド プロンプト ([管理者として実行])
    >cd \zabbix\bin\win32 (64bit 版は win64)
    >zabbix_agentd -i -c "C:\zabbix\conf\zabbix_agentd.win.conf"
    >net start "Zabbix Agent"
  5. Windows Firewall [firewall.cpl] の設定をします。受信の規則に追加以下の条件で追加します。(64bit 版は win64)
    * プログラム [C:\zabbix\bin\win32\zabbix_agentd.exe] を指定して許可

Zabbix Server - Agent 間の通信

Server → [10050/tcp] Agent
Agent → [10051/tcp] Server

となります。ファイアウォールの設定を確認しましょう。


SNMP Agent の登録

## 切り分け用途で snmpwalk が使えるように snmp パッケージをインストール
$ sudo apt-get install snmp
## MIB ファイルをインストール
$ sudo apt-get install snmp-mibs-downloader
$ sudo sed -i.orig 's/^mibs.*/#&/' /etc/snmp/snmp.conf

- SNMP Agent 側の設定が正しいか確認
$ snmpwalk -v 2c -c COMMUNITY ADDRESS sysName

- [設定] > [ホスト] > [ホストの作成]
-- エージェントのインターフェース: (削除)
-- SNMPインターフェース: (アドレスを設定)
-- テンプレート: [Template SNMP Device]
-- マクロ: {$SNMP_COMMUNITY}=コミュニティ名

VMware ESXi/vCenter の登録

[参考] https://www.zabbix.com/documentation/2.2/manual/vm_monitoring


- VMware 監視を有効にする (/etc/zabbix/zabbix_server.conf)
$ sudo sed -i.orig -e 's/^# StartVMwareCollectors=.*/&\n\nStartVMwareCollectors=2/' /etc/zabbix/zabbix_server.conf
$ sudo service zabbix-server restart

- [設定] > [ホスト] > [ホストの作成]
-- エージェントのインタフェース: (デフォルトの設定を削除)
-- テンプレート: [Template Virt VMware] をリンク
-- マクロ: {$URL}=https://ESXi_or_Vcenter/sdk, {$USERNAME}, {$PASSWORD}


参考

2013年11月26日火曜日

Ubuntu で Traffic Control

tc コマンドを使ってできるようです。
## ネットワーク図
[vyatta1]--pppoe--ppp0[ubuntu]ppp1--pppoe--[vyatta2]

## 遅延 10ms (往復で 20ms)
$ sudo tc qdisc add dev ppp0 root handle 1:0 netem delay 10ms
$ sudo tc qdisc add dev ppp1 root handle 1:0 netem delay 10ms

## 帯域幅 3Mbit/s
$ sudo tc qdisc add dev ppp0 parent 1:0 handle 10: tbf limit 15Kb buffer 10Kb/8 rate 3Mbit
$ sudo tc qdisc add dev ppp1 parent 1:0 handle 10: tbf limit 15Kb buffer 10Kb/8 rate 3Mbit

## 確認
$ sudo tc qdisc show dev ppp0
qdisc netem 1: root refcnt 2 limit 1000 delay 10.0ms
qdisc tbf 10: parent 1: rate 3000Kbit burst 10Kb lat 13.7ms

## 設定を削除
$ sudo tc qdisc del dev ppp0 root
$ sudo tc qdisc del dev ppp1 root

参考 

2013年5月16日木曜日

Ubuntu で Samba4 を試してみる

Samba4 を試してみました。

$ lsb_release -d
Description:    Ubuntu 13.04

■ 雛形の dc0 を作成
$ sudo lxc-create -n dc0 -t ubuntu -- -S ~/.ssh/id_rsa.pub

■ 必要に応じて (lxc.network.link 等を変更)
$ sudo vi /var/lib/lxc/dc0/config

$ sudo vi /var/lib/lxc/dc0/rootfs/etc/network/interfaces
auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet static
  address 198.51.100.20
  netmask 255.255.255.0
  gateway 198.51.100.1
  dns-nameservers 127.0.0.1 8.8.8.8
  dns-search samba4.local

iface eth0 inet6 static
  address fdb2:99c7:174a:2::14
  netmask 64
  gateway fdb2:99c7:174a:2::1
__END__

$ sudo lxc-start -n dc0 -d

$ sudo lxc-ls --fancy --active
NAME  STATE    IPV4           IPV6                  AUTOSTART
-------------------------------------------------------------
dc0   RUNNING  198.51.100.20  fdb2:99c7:174a:2::14  NO

$ ssh ubuntu@fdb2:99c7:174a:2::14

■ 以下、dc0 での作業

$ sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade -y
$ sudo apt-get install wget build-essential python python-dev libacl1-dev -y
$ wget http://ftp.samba.org/pub/samba/stable/samba-4.0.6.tar.gz
$ tar xzf samba-4.*.tar.gz && cd samba-4.*/
$ ./configure --bindir=/usr/local/bin --sbindir=/usr/local/sbin && make
$ sudo make install

$ samba -b | grep version
Samba version: 4.0.6

$ sudo tee /etc/init/samba4.conf <<'__END__'
start on (local-filesystems and net-device-up IFACE!=lo)
stop on runlevel [!2345]
expect fork
pre-start script
    case "$UPSTART_EVENTS" in
        *net-device-up*) sleep 5 ;;
    esac
end script
exec /usr/local/sbin/samba -D
__END__

※ IPv6 アドレスの設定がある場合、うまく起動できなかったので、sleep で
遅延させています。

$ sudo poweroff

■ 以下、ホスト OS での作業
■ dc0 を雛形に dc1 を作成 (必要に応じて、dc2 以降も複製、設定を実施)
$ sudo lxc-clone -o dc0 -n dc1

■ ネットワーク設定
$ sudo vi /var/lib/lxc/dc1/rootfs/etc/network/interfaces

■ dc1 起動
$ sudo lxc-start -n dc1 -d
$ sudo lxc-ls --fancy --active
NAME  STATE    IPV4                          IPV6                  AUTOSTART
----------------------------------------------------------------------------
dc1   RUNNING  198.51.100.21                 fdb2:99c7:174a:2::15  NO

■ 以下、dc1 での作業
$ sudo samba-tool domain provision
Realm: samba4.local
 Domain [samba4]:
 Server Role (dc, member, standalone) [dc]:
 DNS backend (SAMBA_INTERNAL, BIND9_FLATFILE, BIND9_DLZ, NONE) [SAMBA_INTERNAL]:
 DNS forwarder IP address (write 'none' to disable forwarding) [127.0.0.1]: 8.8.8.8
Administrator password: P@$$w0rd
Retype password: P@$$w0rd

$ sudo initctl start samba4
samba4 start/running, process 21277

■ 確認
$ smbclient -L localhost -U%
Domain=[SAMBA4] OS=[Unix] Server=[Samba 4.0.6]

        Sharename       Type      Comment
        ---------       ----      -------
        netlogon        Disk
        sysvol          Disk
        IPC$            IPC       IPC Service (Samba 4.0.6)
Domain=[SAMBA4] OS=[Unix] Server=[Samba 4.0.6]

        Server               Comment
        ---------            -------

        Workgroup            Master
        ---------            -------

$ smbclient //localhost/netlogon -U administrator
Enter administrator's password:
Domain=[SAMBA4] OS=[Unix] Server=[Samba 4.0.6]
smb: \> quit

■ パスワードポリシーの変更
$ sudo samba-tool domain passwordsettings set --complexity=off --min-pwd-length=4 --min-pwd-age=0

$ sudo samba-tool domain passwordsettings show
Password informations for domain 'DC=samba4,DC=local'

Password complexity: off
Store plaintext passwords: off
Password history length: 24
Minimum password length: 4
Minimum password age (days): 0
Maximum password age (days): 42

■ ドメイン・フォレストの機能レベルの確認 (初期)
$ sudo samba-tool domain level show
Domain and forest function level for domain 'DC=samba4,DC=local'

Forest function level: (Windows) 2003
Domain function level: (Windows) 2003
Lowest function level of a DC: (Windows) 2008 R2

■ ドメイン・フォレストの機能レベルを上げる
$ sudo samba-tool domain level raise --domain-level 2008_R2 --forest-level 2008_R2

■ ドメイン・フォレストの機能レベルの確認
$ sudo samba-tool domain level show
Domain and forest function level for domain 'DC=samba4,DC=local'

Forest function level: (Windows) 2008 R2
Domain function level: (Windows) 2008 R2
Lowest function level of a DC: (Windows) 2008 R2

■ FSMO を移動
$ sudo samba-tool fsmo transfer --role all

■ FSMO の確認
$ sudo samba-tool fsmo show

■ ldapsearch で確認
$ sudo apt-get install ldap-utils
$ ldapsearch -xWLLL -h ::1 -D cn=Administrator,cn=Users,dc=samba4,dc=local -b dc=samba4,dc=local cn=Administrator




#### (作成中...)


参考
  • http://www.jadota.com/2013/01/installing-samba4-on-ubuntu-12-04/
  • http://sheepdogjam.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/raspberrypi-sam.html
  • https://wiki.samba.org/index.php/Samba4/InitScript
  • http://www.ilovex.co.jp/Division/ITD/archives/2008/12/windows_linux.html
  • http://upstart.ubuntu.com/cookbook/